本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

  • お料理教室先生方実践ブログ
  • 小松友子先生のレッスン記事
  • 藤山朗子先生のレッスン記事
  • 白井まり子先生のレッスン記事
  • 藤本美子先生のレッスン記事
  • 相性ピッタリ おいしい牛乳
  • Side Dish ポップオーバー
  • Side Dish 抹茶ミルク寒天

小松友子先生の教室で レッスンを行いました!

小松 友子 先生

小松友子先生が提案するおいしい牛乳と相性ピッタリのメニューはこちら!

レシピを見る

小松 友子 先生
手作りキッチン工房Bonheur

料理家。東京都練馬区でパンと料理とお菓子の教室「手作りキッチン工房Bonheur」主宰。慶応義塾大学商学部卒業後、イギリス在住時の知識をいかし、独学でパン作りを修得。パン師範科を修了後、ベーカリーでの修行を経て仙台市でパン工房アンデルセンをオープン。調理師、パンシェルジュ、食育インストラクター。食品衛生責任者資格取得。
主宰する「手作りキッチン工房Bonheur」は、安全かつ安心な材料にこだわる手捏ねパン教室。自家製有機野菜で作ったデリも大好評で、パンに和洋、エスニックなど幅広いメニューを盛り込んだメニュー構成のレッスンが人気。基本のパンをしっかり学ぶ初級コース、基本を踏まえ色々な副材料や成形にチャレンジする中級コース、パン作りの総仕上げとしてバラエティに富んだパンを作る上級コース、酵母種のおこしかたから手捏ねの方法まで学ぶ天然酵母コースのほか「月一単発レッスン」「子供パン教室」「クリスマス講座」「バレンタイン講座」など参加しやすい1回完結型のテーマ別スポットレッスンも用意。

教室レッスン風景

タイアップレッスンレポート1タイアップレッスンレポート1タイアップレッスンレポート1タイアップレッスンレポート1

1:「明治おいしい牛乳」を使った調理風景

本日のレッスンはあいにくの雨模様。とはいえ、雨の日こそ、お家にこもってお料理するにはもってこいの日。3人の生徒さんは、すべて小さなお子さんをお持ちのママ。食育インストラクターでもある小松先生がお子さん連れのレッスンを歓迎していることもあり、特に毎日の食事に気を配りたいママたちから人気です。

今回のレッスンは、「明治おいしい牛乳」をふんだんに使ったパンや前菜、デザートと盛りだくさん。まずは、小松先生が事前にたっぷりの「明治おいしい牛乳」を使って仕込んで下さった「ミルクパン」の成形からスタート。「牛乳を使うことでしっとりとキメの細いクラムができ、パン生地が引き締まるんですよ。栄養もプラスされますし、育ち盛りのお子さんにピッタリ!」と先生。もっちりつやのあるパン生地は、まるで赤ちゃんのお肌のよう。これも牛乳の成せるワザです。

丸く成形してベンチタイムをとる間に、「明治おいしい牛乳」を使って作る「牛乳チーズを使ったオードブル4種」、「ポップオーバー」、「抹茶ミルク寒天」を作ります。小麦粉と卵と「明治おいしい牛乳」、少しのなたね油を加えるだけでできるポップオーバーは、材料を混ぜるだけのシンプル生地なのに、オーブンで焼くとぷっくりとふくらみます。焼き上がると中が空洞になるので、今回は蒸し鶏のスライスやフリルレタスやスライスオニオンなどを詰めたスタッフド・サンドイッチ風にいただきます。
「手順はシンプルで簡単ですが、うまくふくらまなかったり、しぼんでしまう失敗も多いレシピなの。生地を仕込む時の牛乳の温度がポイント!」と重要なポイントをわかりやすく伝授する先生に、生徒さんも熱心にメモを取ります。冷めてもパサつかないためには、水ではなく牛乳を使う点も重要なポイントだそう。

ポップオーバー生地をマフィンカップに流し込み、熱々に予熱したオーブンでこんがり焼き上げる間、冷たいデザートの「抹茶ミルク寒天」作りに取りかかります。今回は「明治おいしい牛乳」のすっきりした美味しさが活きるミルク寒天と抹茶寒天の2層、2回に分けて固めます。「牛乳と抹茶を混ぜて抹茶ミルクにして固めてもいいのだけれど、ちょっと一手間ですが2層に分けることで、ミルクと抹茶寒天それぞれのおいしさを味わえるの。後から混ぜていただくこともできるし、見た目もオシャレでしょ!」と先生。二回に分けてグラスに寒天液を流し込み、きれいに固まったら自家製あんこをトッピングしていただく和風デザートの完成です。

まだまだ「明治おいしい牛乳」を使ったお料理は続きます。「明治おいしい牛乳」1リットルにお酢を加え、加熱しながら撹拌し続けると、白い粒状の部分とホエー(乳清)に分離してきます。お鍋の中で起きている化学反応に、ママだけでなく、子どもたちも興味津々。ざるでこせば、ほっかほかの湯気の上がるホエーとフレッシュな牛乳チーズの出来上がりです。塩とこしょうは出来上がったチーズに後から加えて、ホエーは無味のままでキープ。「ホエーは酸味があるので、スープに使ったり、スムージーにするのがおすすめ!塩こしょうを先に加えないので、いろいろ使い回しできますよ」と先生。

フレッシュな牛乳チーズは、牛乳のタンパク質や脂質を凝縮させたものなので、使う牛乳によっては気になる臭みが感じられることも。でも、コクはしっかりあるのに、さらっとした飲み心地に定評のある「明治おいしい牛乳」を使えば、そのような心配はありません。作り立てのチーズは、くりぬいたプチトマトに詰めたり、生ハムやリボン状にスライスしたキュウリで巻いたカラフルでキュートなオードブルに変身。さらに納豆とミックスした一品もプラス。「どんな味がするのか、ちょっとコワいような、楽しみなような」と生徒さんたちもワクワクを隠しきれません。

2:レッスンの様子

4人の子どもたちがいながらも、レッスンの進行はいたってスムーズ。まだハイハイ前の赤ちゃんは、パンを作っている間におんぶでねんねタイム。ママたちは常に子どもたちに目配りしながら、時にはお子さんに調理の様子が見えるようにだっこしながらレッスンに参加。先生も生徒さんも子どもたちの安全に配慮して、場所を変わったり交代しながら抜群のチームワークを発揮。終始リラックスムードに包まれています。

タイアップレッスンレポート1
タイアップレッスンレポート1

お子さんがいても、自己啓発やおいしいものをあきらめていないママたち。片手で器用にパンの成形やお料理の盛りつけをしてしまうほどですが、小松先生のスケジューリング方法には学ぶところが多いようです。すべての料理がちょうどいいタイミングでランチ時間に間に合うよう、取りかかりの順番や段取りをプランすることは、今後も続くはずの忙しい子育て期間にも大いに役立つことでしょう。

また、生徒さんの目線に合わせたレシピ提案にも小松先生のセンスが光っています。牛乳をたっぷり使ったパンやデザート、そして旬の新鮮野菜たっぷりのデリプレートには、ぜひとも子育て中の家族全員で食べて欲しいという先生の気持ちが込められています。食材の安全性と無添加にこだわり、手作り可能なものは全て手作り。教室で提供する野菜もほとんど朝どりの自家製有機野菜です。畑が借りられる現在の自宅兼教室のオープンは、そのこだわりを実現させる第一歩だったそうです。

タイアップレッスンレポート1

いただきます!

コッペ型に成形してハサミで切り込み模様を入れ、水溶き卵黄でツヤツヤのお化粧を施したミルクパンも、ふっくらとゴールデンブラウンに焼き上がり、キッチンは香ばしい「幸せな香り」でいっぱい!パンの香りに誘われ、子どもたちのお腹もすいてきた様子。焼き上がったミルクパンから目が離せません。

テーブルには、畑でとれたての自家製有機野菜をふんだんに使った「夏野菜のラタトゥイユ」「パクチーきゅうりのナンプラー和え」「韓国冷や奴」のデリプレートも並びます。パンに合う小松先生お手製のお料理は、お家に帰ったら作りたくなると生徒さんにも大人気。鮮やかなピンク色で気分もあがる先生手作りのしそジュースで乾杯です!ホカホカのミルクパンを夢中でほおばる子どもたち。納豆とフレッシュチーズの和え物も平らげる満面の笑顔からおいしさが伝わってきます。

小松先生のレッスンでは、パン作りはもちろん、安全&安心な素材にこだわった毎日のお食事に取り入れたいレシピが学べます。無国籍風でエスニック料理のスパイスや調味料も盛り込んだデリプレートは、四季折々の旬の素材を使い、特に地産地消などにも配慮されており、レシピそのものだけでなく、「食」に対する先生の思いも伝わってきます。そしてその思いは、子どもたちのおう盛な食べっぷりで証明されていました。料理を楽しむお母さんの姿を見ながら育つ子どもたちは、なんて幸せなんだろうと思わずにはいられないレッスンでした。

タイアップレッスンレポート1タイアップレッスンレポート1

レッスンに参加された生徒さんの声

「明治おいしい牛乳」を使ったレッスンの感想をうかがいました!

タイアップレッスンレポート1
タイアップレッスンレポート1タイアップレッスンレポート1

◇小さな子どもたちでも牛乳のおいしさはわかりますし、もしかしたら大人よりシビアかも。「明治おいしい牛乳」はその名の通り、「おいしい」と飲んでくれます。

◇納豆とフレッシュ牛乳チーズのコンビネーションが子どものお気に入り!こんなに食べてくれるなら、子どもと一緒にお家で作ってみます。

◇買うとなると躊躇してしまう価格のカッテージチーズですが、お家で簡単に手作りできるのに驚きました。買うより経済的だし、ホエーもスムージーにぜひ使ってみたいです。

◇牛乳を加えることで噛みごたえがあるのに、しっとりしていて柔らかい仕上がりのミルクパンに子どもは夢中!栄養タップリなので、家でもまた作りたくなるパンですね。

◇ミルクパンは何もつけなくても、そのままでおいしい!ほのかな甘みが絶妙です。

◇中にいろいろ詰められるポップオーバーは、食べやすいからハンバーガーより子どものランチやお弁当に便利。みる間にふくらむ様子が楽しかったです。

◇シュークリームより作るのも簡単、カロリーも低い牛乳入りのポップオーバーには、牛乳たっぷりのカスタードクリームやシチューをつめて食べてみたいです。

◇抹茶ミルク寒天は、明治おいしい牛乳だからこそ出せるコク、抹茶の苦みと餡の甘さがベストマッチ!のどごしがよく、後味もさっぱりしていて、もっと食べたくなります!

◇ミルク寒天は子どものおやつにぴったり!たっぷり作って親子で食べたいデザートです。