トップ 料理家(先生)を探す 高橋 貴子 さん
高橋 貴子 さん

お仕事依頼も受付中

高橋 貴子 さん をはじめ、料理家の方々にお仕事の依頼もできます。レシピ開発・新商品開発・講師依頼・雑誌メディアへの出演など料理家を活用したプロモーションについてのお問い合せはお仕事相談フォームまで

名前 高橋 貴子 さん
ジャンル パン 
活動拠点 神奈川県
自己紹介文 ”写真と天然酵母パンを楽しむ教室” Atelier Libra(アトリエリブラ)は、みなさんにおいしいパンを作る喜びとパンを写真に撮って楽しむ喜びをお届けするサロンです。色々な天然酵母を使ったパンづくりを楽しめるのも特徴の一つです。パン初心者の方でもニーダーを使って、本格パンに挑戦できますよ。一緒に楽しみましょう。日常から解放された時間と空間で癒されるみなさまの「アトリエ」になれれば幸いです。
2017.08.19

時代のトレンド読み、手放すことを躊躇しない

こんにちは。

高橋貴子です。

 

今日は、事業のライフサイクルと

うまく事業をまわし続ける上で心がけたいことについて

お話をしてみたいと思います。

 

みなさんは「プロダクトライフサイクル」という言葉は聞いたことはあるでしょうか?

製造関連のお仕事に就いたことがある方なら聞いたことがあるかもしれません。

---------------------------------------------------------

プロダクトライフサイクル(Product Life Cycle)とは

製品が市場に投入されてから、次第に売れなくなり姿を消すまでのプロセスのことをいう。

いわばその市場における製品に関する需要の寿命を示したもので、

製品を生物の一生にたとえて考えることから、

ライフサイクルという表現が使われている。製品ライフサイクルとも言う。

--------------------------------------------------------

画像イメージはこんな感じです。

 

 

製品と同様に、ビジネス(サービス)にも同様のサイクルがあり

導入期
成長期
成熟期
衰退期

があります。

 

導入期はまだ初期の段階で認知も少ない状態、

そしてそれが認知されて市場規模も大きくなっていくときに

成長期・成熟期を迎えます。

そして最後は衰退していく という流れです。

 

これ、教室のレッスン作りとか、

新コースやレッスンを作るときにも同じことが言えます。

 

必ず時代のトレンドというものもあるし、

人気のコースがずっと人気であり続ける(特に何も改革をしない場合)というのは

かなり難しいことなのです。

 

だから定期的にメンテナンスという意味でも、

コースリニューアルとか、レッスンの内容の刷新などを図ることをおすすめしています。

 

もちろん、私自身もそうしてきて、売り上げや生徒数の増加を行ってきたわけです。

 

その際の考え方というかタイミングについて、あるひとつのことに最近気づきました。

 

それは、

 

「うまくいっている時ほど手放す覚悟をする」

 

という思考法です。

 

続きはこちらから

 

キッチンライフであなたの料理家としての活動、教室・ブログ・レシピを紹介しませんか?

使い方に困ったらこちら!!

メールマガジン

コンタクト

広告問い合わせ

ヤマサ×キッチンライフ

プロ向けレシピ検索サイト

和麦Cooking教室リレー

料理教室ランキング

家庭料理、おもてなし料理、ベーシック料理クラス、 天然酵母パンクラス、スイーツク......

教室拠点: 山梨県 甲府市

大分市内の小さなキッチンで、アイデアいっぱいの家庭料理を月替わりのメニューで教え......

教室拠点: 大分県 大分市

Japanese cooking class for foreigners in......

教室拠点: 東京都 中央区


開催中/開催予定イベント