report, report, 仕事実績, 料理家とのPROJECT, 料理家向けイベント・セミナー, 食のイベント

「天のしずく」辰巳芳子“いのちのスープ”
料理教室主催者、生徒様向けに先行試写会を行いました。

0 Comments 01 12月 2012


10月28日(日)、秋葉原のユーディ―エックスシアターにて料理教室の先生・生徒の皆様をご招待し、ドキュメンタリー映画「天のしずく」辰巳芳子“いのちのスープ”の試写会が行われました。

映画「天のしずく」で、映し出される日本の壮大な自然の風景、愛でるように食材を扱う辰巳先生の手、だしを取る鍋の中で踊るように舞う玄米と昆布の様子・・・。「愛することは生きること」とキャッチコピーのついたこの映画は、辰巳先生の思いと河邑監督の表現力によって「食といのち」というテーマを観客に強く印象づけます。そして、料理を作る辰巳先生、日本の食を支える農家の方々、そして辰巳先生のスープを味わう子供やお年寄など、たくさんの登場人物の姿にはメッセージが込められています。

多種多様な食料品が溢れる現在では、「食といのちという人にとって大切なテーマが不透明になっていることに、はっと気づかされます。そして、“料理は人と人の心を通わせることが出来る。”このことを改めて認識すると、料理とはどうあるべきなのかを改めて考えさせられます。試写会に招待された料理教室の先生・生徒の皆様には、食に携わり、または学ぶ立場として、映画「天のしずく」のテーマがぐっと心の奥まで届いたのではないでしょうか。

映画の後は、河邑厚徳監督と矢内真由美プロデューサーによるトークが行われ、撮影秘話やこの映画に寄せるお二人の思いなどをお話し頂きました。企画から撮影終了まで数年の歳月をかけての製作、ついに迎える公開。そして、その間に起こった東日本大震災、原発の問題がさらに映画への思いを強くさせたという撮影秘話が印象に残ります。映画上映直後のお二人のトークは、映画への理解がより深まる時間でした。

その後、会場を変えて河邑監督と矢内プロデューサーを交えて懇親会が開かれました。まずは、お二人に料理教室の先生・生徒の皆様からの質問にお答え頂きます。先ほどの試写会会場では、監督とプロデューサーというちょっと遠い存在(?)に感じられたお二人が、より近く感じられる懇親会では積極的に質問の手が挙がります。

会場からは、
「人間も自然の一部ということが、改めて感じられる映画だった」
「“食を通して心を伝える”、このことをしっかり次世代に伝えていきたい」
「たくさんの著書を持つ辰巳先生の世界観が、映画でうまく表現されていた。」
など、たくさんの感想が寄せられました。

また、会場には料理研究家として著名な辰巳先生のファンも多く、辰巳先生へ伝えたいメッセージや辰巳先生ご自身に関する質問などもあがりました。

その後、懇親会ではドリンクと軽食が振る舞われ、会場は和やかに雰囲気に。河邑監督と矢内プロデューサーもご一緒です。まだまだ映画の感想を伝えようとお二人の周りには人の輪が出来ていました。

懇親会の最後には、(「天のしずく」の協賛企業の)貝印様より貝印商品が当たるくじ引き大会が行われました。会場に設置されていた貝印商品(調理器具)のタッチ&トライコーナーのスロージューサー、そして圧力鍋や貝印様のヒット商品がくじ引きで当たるというなんともお得なチャンス。「え!あの商品がもらえるの!?」と、料理教室の先生・生徒の皆様はちょっと興奮気味(!?)。そして、くじ引きの度にアナウンスされる当選番号に、会場は一喜一憂!見事、商品をゲットされた当選者の方々、おめでとうございます!

今回の映画「天のしずく」について河邑監督から「この映画を育てて下さるのは、観客の皆様です。」とメッセージがありました。映画を観たすべての人に「食といのち」の大切さを実感できる豊かな日常を過ごして欲しいという願いではないでしょうか。今回の試写会イベントは、たくさんのことを考えさせられる貴重な機会となりました。

 「天のしずく」の詳細・全国の公開スケジュールはこちらのホームページをご覧ください。


Share your view

Post a comment


全国1600個人料理教室検索サイト


料理家紹介サイト




食で日本を元気にするプロジェクト


フォアグラ特別セミナー開催!

Ad

Event info.

© 2020 Kitchen Life Pub.. Powered by WordPress.

Daily Edition Theme by WooThemes - Premium WordPress Themes